法定相続人・法定相続分 ~誰が相続人になるのか、どれくらいの権利があるのか~

 相続において多くの方が気になるのが「相続人は誰になるのか?」「どれくらい遺産を貰う権利があるのか?」ということです。

 まず、前提として亡くなられた方が遺言を残していたり、相続人の全員で話し合い(この話し合いの結果を「遺産分割協議」といいます。)をし、その合意が出来た場合、原則、遺言や遺産分割協議のとおり相続がされます。

 一方、遺言も無く、遺産分割協議もなされないようなときのために、民法には「この人にこの割合で遺産を分けましょう」という決まりがあります。

 そして、その相続人のことを「法定相続人」、その相続分のことを「法定相続分」と呼んでいます。


【本ページの目次】

 

法定相続人の決まり方

 法定相続人は、亡くなられた方の「配偶者」「子」「直系尊属(親、祖父など)」「兄弟姉妹」がなれる可能性がありますが、誰がなれるかは次のように決まっています。


亡くなられた方に配偶者(夫や妻)がいるとき

→ 配偶者常に相続人となります。

 

血の繋がりのある親族

 一方、血の繋がりのある親族である「」「直系尊属(親、祖父など)」「兄弟姉妹」は常に相続人になれるわけでなく、なれる順番があります。その順番については、次のとおりになります。

① 

② (子がいないときは)直系尊属(親、祖父母など)

③ (子も直系尊属もいないときは)兄弟姉妹

法定相続人の決まり方

 

法定相続人の組み合わせパターン

 以上を踏まえると、法定相続人の考えられる組み合わせは、次の7パターンとなります。

  • 1.配偶者のみ
  • 2.配偶者+子
  • 3.配偶者+直系尊属
  • 4.配偶者+兄弟
  • 5.子のみ
  • 6.直系尊属のみ
  • 7.兄弟のみ

 


代襲相続

 ただし、相続人が「子」と「兄弟姉妹」の場合、代襲相続という制度があります。

 例えば、相続発生時に、本来相続人になれる「子」が既に亡くなっていた場合で、その「子」に「子(すなわち、亡くなった方から見た場合「孫」にあたります)」がいたとします。

 その場合、その「孫」が「亡くなった子」を引きついて法定相続人になります。

 このように、亡くなった方が亡くなる以前に、相続人となる予定だった者が相続権を失ったとき、その者の子や孫が代わって相続人となれる制度を「代襲相続」といいます。

 なお、相続人となる予定だった者が「兄弟姉妹」の場合、代襲できるのは、その兄弟姉妹の「子(すなわち、亡くなった方から見た場合「甥っ子」「姪っ子」にあたります)」に限ります。(相続人となる予定だった者が「子」の場合、そのような条件はありません)

代襲相続の説明

法定相続分の決まり方

 法定相続分は、法定相続人のパターンによって下記のとおり変わってきます。

 なお法定相続人が配偶者のみの場合は、配偶者が全て相続することなりますので、本表からは割愛させていただきます。


1.配偶者がいる場合

順位 血の繋がりのある親族 相続分 配偶者 相続分
たち 1/2 配偶者 1/2
直系尊属(親・祖父母など)たち 1/3 配偶者 2/3
兄弟姉妹たち 1/4 配偶者 3/4

 ご覧のとおり、血の繋がりのある相続人が「子」→「直系尊属」→「兄弟姉妹」となるにつれ、配偶者の相続分は増加します。


2.配偶者がいない場合

順位 血の繋がりのある親族 相続分
たち 等分
直系尊属(親・祖父母など)たち 等分
兄弟姉妹たち 等分

 配偶者がいない場合は、相続分は等分となります。性別や年齢等で相続分が変わってくることはありません。

2019年7月1日法改正

 法改正により、亡くなった方に対し、療養看護等を行った相続人でない親族は、相続開始後、相続人に対し、特別寄与料の支払いを請求することができることとなりました。(改正民法1050条)

 例えば、亡くなった方の息子の奥さん (以下「甲さん」といいます) が、亡くなった方の療養看護をしていた場合、従来であれば、甲さんは相続人でないため、遺産もらうことは(遺言等がある場合を除き)できませんでしたが、本改正により、甲さんは相続人に対し、「特別寄与料」の支払いを求めることができるようになりました。